スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「失速した日本」普天間迷走を見る韓中台の冷ややかな視線(産経新聞)

【久保田るり子の外交ウオッチ】

 普天間問題の迷走をアジアの隣人たちは何と見る? 鳩山政権発足時に膨らんだ期待は、この間の日本の戦略なき不手際外交ですっかり色あせた。「失速した日本」(韓国)「米国に嘲笑(ちようしよう)された日本」(中国)-各国メディアは容赦ない表現で民主党ニッポンを評価する。アジアでも日本パッシング(日本への無関心)を懸念する声が広がりつつある。(久保田るり子)

 ■「日本は民主主義先進国、韓国に学べ」

 大統領制で5年ごとの政権後退が当たり前の韓国は鳩山日本の普天間見直しを注視していた。

 「自民党が決めたものを転換するというのだから、当然、民主党に対案があるのだろうとみていた。ところがそうではないと分かって大変驚いた。いまいわれる腹案は、対案にはなっていない」(韓国有力紙、東京特派員)

 2010年が「韓国併合100年」であるため、韓国側は「日帝(日本統治)時代」の総括の機会と、歴史認識問題で自民党政権時代とは違うアプローチも期待していた。しかし「歴史の直視」は鳩山首相の言葉だけ。民主党が野党時代に熱心だった地方参政権問題も世論の猛反発を前にスゴスゴと後退。それどころか韓国の安全保障にとって最も重要な日米関係という基軸が鳩山政権の迷走外交であっという間に傷ついた。

 『民主主義だけみれば韓国の方が進んでいるのではないか』『韓国は歴史こそ浅いが何度も政権交代した』『日本は今後韓国から学ぶことも多いのでは』などの発言が知日派の韓国知識人からメディアに出始めたのは普天間が始めた今年はじめからだ。

 韓国ウオッチャーがいう。「韓国は盧武鉉前政権で最悪の米韓関係を体験した。だが李明博現政権でいまや対米関係では日本と逆転。韓国はこのところ優越感、自信を持って安保問題を語っている」

 李明博政権は昨夏の首脳会談で米韓同盟の再定義を行い、核の傘について初めて明文化した。また北朝鮮有事の作戦計画「5029」を完成させ、先月末の韓国海軍哨戒艦の爆発事件では米国と共同調査体制を組むなど良好な両国関係が軍事的にも機能している。

 韓国の政府関係者からは、朝鮮半島有事に影響する沖縄に関する日米関係の不協和音を懸念する声も非公式に聞かれるが、「日米韓の連携については、いまや韓国が東アジアの主導的な役割を担う時代になったという議論が増えている」(前出ウオッチャー)

 ■「米紙が鳩山首相を嘲笑した」

 核安全保障サミットで米紙ワシントン・ポストが鳩山首相を「最大の敗者」と評したのは世界のニュースとなったが、中国メディアは加えて『米紙が嘲笑した』と愉快そうに皮肉って、『普天間問題は日米関係をこじらせただけでなく内閣支持率も低下させた。自らが決めた期限までに解決できないようであれば、7月の参議院選挙前に辞職をせまられるだろう』(中国新聞ネット)などと解説した。

 日米関係のきしみを中国はどうみているのか。専門家は「中国は日米の亀裂を必ずしも喜んではいない」と述べる。

 「中国にとって日米同盟の不安定化は、安全保障環境の大きな変化であり、戦略的に望ましいものではない。万が一、日米同盟破棄となれば日本の核武装や軍事力強化のおそれが現実化すると中国はみる。中国の国益は日米の相対的な安定を前提としている。もっとも感情的な部分で、日本の地位低下を歓迎したり喜ぶ勢力はある」(防衛研究所、増田雅之主任研究官)

 日米関係の変化についての警戒感はとくに軍関係者に強いとされるが、日本の政権交代から半年を過ぎた昨今、風向きは「あきらめムード」ともいう。

 「中国側から、『民主党の枠組みがみえない』『政策について誰と話をすべきなのか』との不満をよく聞く」(日中関係者)

 さらに、鳩山政権の主張した「アジア重視」「東アジア共同体構想」は「具体化は一切なく、概念があいまい」「日本は、何をしたいのかわからない」とのいらだちの声も聞かれ、このままでは日中間の安保実務対話構想も立ち消えになりそうな雲行きだ。

 「関心があるうちはいい。米中間の対話が進むことで日本の存在感がさらに低くなりそうだ」(同)

 台湾はどうなのか。親中路線と米台関係のバランスで成立している馬英九政権は「日米台関係」の今後に神経をとがらせている。普天間・沖縄問題が中台関係に直結しているためだが、「それほど移設したいなら沖縄の基地の一部を台湾に移設すればどう? もともと台湾には駐台米軍がいたんだから…」(在京の台湾ジャーナリスト)などという辛口ジョークが飛び出すほど、危うげな鳩山外交への視線は厳しい。

【関連記事】
辺野古埋め立て、首相が全面否定 政府はくい打ち方式の浅瀬案検討
「今の状態にいらだち」 徳之島案賛成派の住民が会見
普天間、「岡田外相が現行案大筋受け入れ」 米紙報道
民主・輿石氏、普天間辺野古沖移設に「それはない」
普天間決着、実現可能な案はこれしかない!
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<口蹄疫>疑いの強い牛や水牛見つかる 5、6例目…宮崎(毎日新聞)
<訃報>中野友雄さん94歳=元北海道経済連合会会長(毎日新聞)
<日立女性刺殺>容疑者供述「現場で口論、刺す」(毎日新聞)
さいたまの空き家で白骨遺体発見(産経新聞)
普天間移設で首相「迷走してない」と強調(産経新聞)

毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月にも協議へ(読売新聞)

 三重県名張市で1961年に起きた「名張毒ぶどう酒事件」で、名古屋高裁は19日、奥西勝死刑囚(84)の再審請求について、審理の差し戻しを決めた最高裁から事件記録を受理し、同高裁刑事2部(下山保男裁判長)で差し戻し審が始まったことを明らかにした。

 同高裁は、検察、弁護側との協議を5月中にも開く意向で、既に打診していることもわかった。

<民主党>予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告(毎日新聞)
仙谷氏の同日選発言「タブーだ」「選挙知らぬ」 閣僚反発(産経新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>アームを操作しシャトルの機体点検(毎日新聞)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
<訃報>宝生英照さん52歳=能楽師宝生流シテ方(毎日新聞)

<長崎県美術館>日本初、エル・グレコ「聖母戴冠」の展示を延期 火山噴火の影響で(毎日新聞)

 長崎県美術館(長崎市)は20日、アイスランド火山噴火の火山灰による欧州航空網の混乱を受け、23日から同館で予定していた「プラド美術館所蔵 エル・グレコ《聖母戴冠》特別展示」の開始を延期することを発表した。18日に予定していたスペインからの運搬機が欠航になったため。

 開館5周年を記念した特別展に日本初公開のエル・グレコ「聖母戴冠」を展示する予定だった。22日にスペインからの運搬を予定しているが、詳細は未定という。このため開幕日は準備が整い次第としている。期間は10月24日まで。【西村綾乃】

【関連ニュース】
<こちらも火山噴火で延期>オートバイ:日本GPは4月開催が、10月に
<こちらも火山噴火で延期>ギリシャ支援協議を延期
<火山現在の様子>火山噴火:EUが飛行規制の緩和合意 20日午後から実施
<火山写真特集>アイスランド火山噴火

殺人の時効廃止、刑訴法改正案が参院委で可決(読売新聞)
3億3000万円求め提訴=富士通3役員に投資会社-社長解任劇で(時事通信)
 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)
<公取委>5社に排除命令 光ケーブルでカルテル(毎日新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)

<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)

 順天堂大は16日、がんの放射線治療や抗がん剤の副作用で不妊になる前に卵巣を摘出、凍結保存し、治療後に移植する治療を始めると発表した。乳がんや子宮頸(けい)がんなど15~44歳の10万人以上の患者が想定されるという。これまで凍結卵巣の移植は研究段階で、一般患者が治療を受けられるようになるのは国内初としている。

 学内の倫理委員会が12日、承認した。対象は、閉経前で卵巣機能に異常のない女性で、病気の種類を問わない。保護者が同意すれば未成年も受けられる。患者の自己負担は約70万円という。

 卵巣細胞を生存させたまま凍結することは技術的に難しく、治療法として確立していなかった。今回、07年に凍結技術を開発した加藤レディスクリニック(東京都新宿区)と協力し可能になった。

 治療前に2つある卵巣のうち1つを摘出、表面付近の組織を取り出し、液体窒素などで急速冷凍。がん治療後にもう一つの卵巣に移植する。同クリニックによると、米国では今年3月までに、この技術を使い姉妹間などで2例の卵巣組織移植が行われ、いずれも卵巣機能が回復したという。

 医学部の菊地盤(いわほ)准教授は「がん克服後に子供を持つという希望を持って治療に臨んでほしい」と話す。【斎藤広子】

【関連ニュース】
訃報:小倉恒子さん57歳=乳がん患者で耳鼻咽喉科医
4月号
3月号
医療ナビ:トモセラピー がんの部分だけに放射線を当てる新装置…
訃報:小倉恒子さん 57歳=乳がん患者の耳鼻咽喉科医

白血病治療の「末梢血幹細胞移植」非血縁者間でも実施を準備(産経新聞)
<岡部まり氏>民主から出馬へ 参院選・大阪(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>51回目の結婚記念日 東宮御所で夕食(毎日新聞)
首相の核安保サミット出席を発表=拡不拡散に協力表明へ(時事通信)
安藤前知事に控訴審判決へ=宮崎談合・汚職事件-福岡高裁支部(時事通信)

甘い香り漂う…桃の花が見ごろ 山梨県(産経新聞)

 桃の収穫量全国一を誇る山梨県では各地でピンク色の花が見ごろを迎えている。笛吹(ふえふき)市内でも今が満開=写真(矢島康弘撮影)、周囲には甘い香りが漂っている。

 開花とともに農家では花粉を受粉させる作業などに追われる。例年に比べ寒い日が続き、作業はやや遅れ気味。市内の金桜園では15日ごろまでが見ごろだという。

AMD 890GX搭載のMicroATXマザーが初登場! MSI「890GXM-G65」発売
長谷川等伯展 京都でも10日開幕(毎日新聞)
「たちあがれ日本」参院選で10議席以上目標(読売新聞)
平沼代表「民主政策集は売国的な法案の羅列」 「たちあがれ日本」結党記者会見(産経新聞)
<火災>粗大ごみ処理施設のピット焼く 愛知・一宮(毎日新聞)
プロフィール

おおむらしげゆき

Author:おおむらしげゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。